文章の書き方一覧

「。」(かぎかっこの句点)の付け方ひとつに表れる、プロらしさと素人っぽさ

出版業界には「小学校で習う原稿用紙の使い方」とは違った文章の書き方が存在します。そのひとつが句点(。)の打ち方。例えば「文末に丸カッコがくる場合、句点はそのあとに付ける」、「カギカッコ内の会話文では、最後に句点を付けない」など。ちょっとしたコツを身につけて、あなたもプロっぽい文章を書いてみませんか?

デキる人は「出来る」を「できる」と書く

テレビのテロップ(字幕)でときどき目にする「〜出来る(出来ません)」という表記。もちろん、日本語として間違っているというわけではありませんが、「〜できる」と、ひらがなで書かれているケースもたくさんあります。では「出来る」と「できる」どちらが多いのか? どちらが信頼性が上なのか? 検証してみました。

スポンサーリンク