文章の書き方

スポンサーリンク
文章の書き方

文章の倹約家になる

『リバー・ランズ・スルー・イット』という映画を見たことがあるでしょうか。ブラッド・ピットが出演しているのですが、劇中、牧師で倹約家のお父さんが長男に文章の書き方を教えるシーンがあります。このお父さん、文章に対しても倹約家で、長男がもってきた...
文章の書き方

誤変換される語句には常連がいる

他人が書いた文章をたくさん読んでいると、間違えやすい語句というのがだんだんとわかってきます。たとえそれが正しい使い方だったとしても、文章の中でそれらの語句が「ここ、要注意だよ!」と訴えかけてくるのです。例えば以下の文の場合…… ...
文章の書き方

読み手が「読みたいこと」を書く

明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いします。 正月といえば年賀状ですが、この時期になるとネットの掲示板で以下のような書き込みが増えます。 「子どもの写真だけの年賀状を送ってくる人がいるけど、会ったことも...
文章の書き方

「文字通り」の使い方

今回は、私が近ごろ気になっている言葉「文字通り」を使った文章の書き方について紹介したいと思います(別に、近ごろ急に使われるようになったわけではないのでしょうが……)。 まず、「文字通り」という言葉は次のようなシーンでよく使われます。ひとつ...
文章の書き方

ときには「ひらがな」を使う

手書きの文章に比べ、キーボードで打った文章には漢字が多くなる傾向があります。ちょっと意地悪な言い方をすれば、「自分では書けない漢字だけど変換キーを叩けば出てくるから、背伸びして使っちゃった」といったところでしょうか。 最近ネットでよく...
文章の書き方

「こんにちわ」はアリ? ナシ?

一時期、若者の間で「こんばんゎ、ぁたしちゅぅヵ゙くせぃだょ」といった文章の書き方(文字遣い)が流行していたようです(今は少なくなってきているそうですが)。 さすがに本の原稿でここまでの例は見かけませんが、それでも「こんにちわ」「こんば...
文章の書き方

「副詞の呼応」をしっかり守る

「副詞の呼応」というのがあります。例えば、「決して」ときたら必ず「〜ない」といった否定の語句が来るといった、文章の書き方における決まり事のことです。 同じように、主語にあたる部分でどんな助詞を使うかによって、あとに続く部分の形式は変わ...
文章の書き方

主語と述語をあまり離さない

文の中には基本的に「主語」と「述語」が登場します。主語とは、「誰々は」「何々が」という部分で、人やモノが当てはまることが多いです。それに対して述語には、「どうした」「どうである」といった具合に動作や状態を表す語句が使われます。 池田さ...
文章の書き方

文をなるべく短くする

ここでいう文とは文章全体の長さのことではなく、句点「。」で区切られた一つの固まりのことを指します。これが長くなると読みづらい文章になったり、文法的な間違いを招いたりするので、何も良いことはありません。例をひとつ。 アレフガルドの首都ラ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました