Q. 「浴衣」という漢字の読み方・由来・語源は?

「浴衣」という語を辞書で調べると「木綿で作ったひとえの着物。入浴後や夏季に着る(『大辞林』三省堂)」とあります。温泉や旅館で着たり、夏の花火大会で着たりする着物ですね。漢字としてはそれほど難しくはありませんし、上の写真を見れば読み方はなんとなくわかるかもしれません。ですが、その由来・語源はどうでしょう?

読み方は「ゆかた」。その語源は?

浴衣は「ゆかた」と読みます。語源は「湯帷子(ゆかたびら)」で、浴衣という字は当て字になります。「帷子」とはひとえの衣服や夏用の麻の小袖のことをいい、平安時代、入の際に麻の単を着たため、それが浴衣と呼ばれるようになりました。

平安時代の入浴は湯船につかる現在のスタイルとは違い、サウナのような蒸し風呂が一般的でした。そのときにやけどを防いだり、汗を吸い取る目的で着用されたのが湯帷子です。またこの頃にも複数の人で入浴する習慣があったため、裸を隠す意味もあったようです。つまり入浴後ではなく入浴中に着用していたということですね。

やがて江戸時代になり木綿が普及してくると、湯上がりに肌の水分を吸い取らせる目的で木綿の単衣が用いられるようになり、さらに入浴とは関係ない場面でも着る「ゆかた」が一般に広まったといいます。

使用例

社員旅行にいくと旅館で暴れだしちゃう。何だか知らないけど急にスケベになったりね。浴衣着た瞬間に性格が変わるやつがいる。江戸時代からずっと動くのを封じられていたから、きっと環境の変化に弱いんだ(『だから私は嫌われる』ビートたけし・著/新潮社)

あるじの身を守るために、三左衛門たちも弥八郎も、浴衣のふところに短刀を忍ばせているようであった。「お風呂は、これでござります」ここの額風呂のあるじが、戸棚のようになっている板戸を、そっとあけた(『水戸黄門』村上元三・著/毎日新聞社)

四方をあけはなした生駒屋敷の泉殿表座敷を青東風が吹きぬけていた。信長は湯帷子の両袖を肩までまくりあげ、上座にあぐらを組んでいた。生駒八右衛門と親戚の前野将右衛門、蜂須賀小六、佐々内蔵助、森可成が信長と向いあっている。(『下天は夢か』津本 陽・著/日本経済新聞社)

書体ごとの表記

明朝体


教科書体


行書体

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク