Q. 「為替」という漢字の読み方・由来・語源は?

「為替」という語を辞書で調べると「手形や小切手によって貸借を決済する方法。離れた地域にいる債権者と債務者の間で貸借を決済する場合、遠隔地に現金を輸送する危険や不便を避けるために使われる(『大辞林』三省堂)」とあります。例えば江戸の人が大坂の商人から大きな買い物をして支払いをするとき、現金を持って長旅をするのは危険なため、江戸の金融業者にお金を支払って手形を発行してもらいます。その手形を大坂まで持っていき、受け取った大坂の商人が大坂の金融業者でお金と交換するという感じです。

読み方は「かわせ」。その語源は?

為替は「かわせ」と読みます。為替のしくみは上で書いたとおり、手形と現金を互いに交わすことから中世では「かわし」と呼ばれていました。これが江戸時代頃には「かわせ」と呼ばれるようになりました。鎌倉時代には「替銭(かえせん)」「替米(かえまい)」というものが為替の一種として存在し、この「替」という字が「交」という字と同じ意味で使われていたことがわかります。つまり「かわせ」は「替わせ」と表現することができます。

「かわせ」は手形を現金に替えさせる仕組みですから、ここに「する・なす・させる」という意味の「為」という字を付けて「替わ為」とすることができます。ですが、やっかいなのは実際には字の順番が逆で「為替」となっているところ。そのため経済の勉強をしている学生の中には「替為」と間違って書いてしまう人も多いようです。

「為替」を使ったその他の語句

為替の仕組みについては冒頭でも書きましたが、一般の人がよく耳にする為替は「外国為替」ではないでしょうか? ニュース番組で「次は為替と株の動きです」といえば、外国為替のことを指しますよね。これは普通の為替と同じように違う通貨をもつ国際間の貸借関係を現金の送付によらず債権の譲渡により振替決済する手段で、「外為(がいため)」と略されます。

使用例

この前買った「ウァートン」の英詩の歴史は製本が「カルトーバー」で古色蒼然としていて実に安い掘出し物だ。しかし為替が来なくっては本も買えん、少々閉口するな。その内来だろうから心配する事も入るまい(『漱石・子規往復書簡集』夏目漱石、正岡子規・著/和田茂樹・編/岩波書店)

もちろん、一〇〇〇円の金に困ったこともあり、借金でしのいだこともありますが、結婚以来、自分の収入はわかりません。「トピックス」とか「為替」の意味がわからない。「小切手」があって「大切手」が無いのがわからない。(『商人』永六輔・著/岩波書店)

書体ごとの表記

明朝体


教科書体


行書体

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク