Q. 「素人」という漢字の読み方・由来・語源は?

「素人」という語を辞書で調べると「ある物事に経験の少ない人。また、そのことを職業・専門としない人。未熟な人(『大辞林』三省堂)」とあります。読み方自体はそれほど難しくないのでわかる方も多いかと思います。ですが、なぜ未熟な人をそう呼ぶようになったのか、どうして「素」という漢字を使うのかわかる人は少ないのでは?

読み方は「しろうと」。その語源は?

素人は「しろうと」と読みます。その由来には諸説あり、ひとつは昔の囲碁の世界では階級の低い(弱い)人が白石を打ち、高い人が黒石を打ったことから「白=初心者」となったという説。また別の説では、平安時代の芸人集団の中で、顔を白く塗っただけでまったく芸ができない(下手な)役者のことを「白人(しろひと)」と呼んだことがはじまりともいわれています。

やがて「しろひと」という発音が「しらうと」、「しろうと」と変化していき、同時に「白人」という漢字も「素人」に置き換わっていきました。どうして「白」が「素」になったのかは確かなことはわかりませんが、「素」という漢字には「みすぼらしい」とか「平凡」といった軽蔑のニュアンスもあるため、熟練者に対して劣っているという意味で「素人」になったと考えられます。

反対語の「玄人(くろうと)」の由来は?

熟練者を意味する「くろうと」は、「白人」の反対ということで「黒人(くろひと)」という言葉ができ、素人と同様に「くろうと」と音便化しつつ漢字も「黒」から「玄」に変わりました。「玄」という漢字自体にも黒い色という意味があるのですが、「奥深いさま」や「深遠な道理」という意味もあわせもつため、熟練者や専門家にぴったりということで「玄人(くろうと)」となりました。

使用例

女遊びで素人が何故喜ばれるかというと、客も素人だからだよ。テレビで素人芸が喜ばれるのもそう。物まねでもアイドル歌手でも、素人がすぐ手の届くところにある芸、下手すると自分がそれにとって代わることができそうな芸がウケるんだ。(『やっぱり私は嫌われる』ビートたけし・著/新潮社)

教える立場だから楽だろうと思うのは素人考えで、いくら疲れているからといって、まさか寝そべって教えるわけにもいかない。(『愛情物語』赤川次郎・著/角川書店)

物理学の本を素人が読みますと、香も音も色もただそれを感じる人間の感覚器官がちがっているだけでありまして、根はおんなじもののように思われます。(『伊豆の踊子』川端康成・著/新潮社)

書体ごとの表記

明朝体


教科書体


行書体

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク