Q. 「五月雨」という漢字の読み方・由来・語源は?

「五月雨」という語を辞書で調べると「陰暦五月頃に降り続く雨。つゆ。梅雨。長雨(『大辞林』三省堂)とあります。意味は文字のとおりですね。俳句などの季語ではそのまま「さつきあめ」と詠まれることもありますが・・・

読み方は「さみだれ」。その語源は?

五月のことを「さつき」といいますが、「さみだれ」の「さ」は「五月」から、「みだれ」は「水が垂れる→みだれ=雨」ということで「五月・雨」「さ・みだれ」となりました。

古くは「五月雨る(さみだる)」という動詞として使われていたもので、俳句や和歌の季語では上で述べた「さつきあめ」とともに「さみだる」という形で今も使われることが多い語句です。

また五月の雨が断続的にだらだらと降り続くことから、継続しないで少しずつ繰り返すことのたとえとして「五月雨」という言葉を使うこともあります。関連語句として「五月雨式」という言葉もあります。こちらも「(梅雨時の雨のように)途中、途切れながらもだらだらと長く物事が続くこと。また、そのようなやり方(『大辞林』三省堂)」という意味をもちます。

「五月」を使ったその他の語句

五月蝿い(うるさい)
 音が大きいのがじゃまになる。やかましい。
五月蚊帳(ごがつかや)
 五月にかやをつりはじめることを不吉なこととして忌んだ語。
五月豇豆(ごがつささげ)
 インゲンマメの別名。
五月の珠(さつきのたま)
 橘の実。
五月晴れ(さつきばれ)
 新暦五月頃のよく晴れた天気。
五月闇(さつきやみ)
 五月雨の降る頃の暗さ。

(『大辞林』三省堂)

使用例

五月雨をあつめて早し最上川(『奥の細道』松尾芭蕉・著)

菓子など食べ終えてしまった者たち約百五十名ほどが、順次、用便を理由に五月雨的に途中退出を申し出たということなので(『国会会議録』)

訳知り顔で馴れ馴れしい、嫌な男だ。五月雨の降り残しでも落ちて来そうな天だった。(『覘き小平次』京極夏彦・著/中央公論新社)

『記者ハンドブック』での扱い

共同通信社が発行している『記者ハンドブック』では、「五月雨」は慣用句として漢字で書くが、「さみだれ式」「さみだれスト」などはひらがな書きとするよう勧めています。

書体ごとの表記

明朝体


教科書体


行書体

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク