用字

スポンサーリンク
文章の書き方

『〜アルペジオ』と『記者ハンドブック』における文字遣いの違い

「デキる人は「出来る」を「できる」と書く」の記事で、「〜できる」は平仮名で書くのが望ましいとしながらも、最終的にはそれぞれの出版社や媒体の方針によるものだと書きました。 例えば、私が愛読している『蒼き鋼のアルペジオ』(ヤングキングコミ...
文章の書き方

デキる人は「出来る」を「できる」と書く

テレビのバラエティ番組にはテロップ(字幕)がよく使われていますが、そこでときどき目にするのが上の写真のような「〜出来る(出来ません)」という表記。もちろん、日本語として間違っているというわけではありませんが、ここは「〜できる」と書くことを...
文章の書き方

ときには「ひらがな」を使う

手書きの文章に比べ、キーボードで打った文章には漢字が多くなる傾向があります。ちょっと意地悪な言い方をすれば、「自分では書けない漢字だけど変換キーを叩けば出てくるから、背伸びして使っちゃった」といったところでしょうか。 最近ネットでよく...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました